The Ghost Village(ゴーストビレッジ):ユニークなグラフィティプロジェクト

The Ghost Village(ゴーストビレッジ):ユニークなグラフィティプロジェクト

The Ghost Village:ユニークなグラフィティプロジェクト


2009年の10月に、6人の有名なグラフィティアーティストが
スコットランドの西海岸にある廃村で面白いグラフィティプロジェクトを行った。
アーティスト達は三日間コラボレーションし、この廃村の壁や家の表面をグラフィティアートで再生させた。


 

Ghost Village Project
Ghost Village Project







Polphail(ポルフェイル)というこの村は
近くの石油プラットフォームで働いている人達のために作られた村だか
石油プラットフォームが使われなくなった後、村の家と設備は全く使われた事がなかった。

6人のメンバーのAgents of Change(エイジェンツ・オヴ・チェンジ)というアート団体は
この村に目をつけて青空ギャラリーにしたてあげた。



Agents of Changeのメンバー:


Timid - 写真家、グラフィティアーティスト。
Remi/Rough - ロンドン出身のアーティスト。ニューヨークのUnderbelly Projectも入ったアーティスト。
Stormie Mills ― オーストラリア出身のストリートアーティスト。
System - グラフィティアーティスト。
Juice 126 - a.k.a. Rob Elliot ロンドン出身のグラフィティアーティスト。
Derm - スコットランドのエジンバラ出身のストリートアーティスト。


Ghost Village Project Art
Ghost Village Project Art






アーティストたちは、ゴースト・ヴィレッジと周りの景色の対比する姿に強くインスピレーションを受けた。
スコットランドの西海岸は山が多く、グレーなカラーの空が何処までも続く景色。そしてとてもワイルドな自然。

ここから一番近い都会は、少なくとも車で2時間くらいかかるような場所。

しかしこのプロジェクトのニュースは
瞬く間に速く広がり、直ぐにローカルの人々達が見に集まった。

このプロジェクトはドキュメンタリー映画になり
様々なインディーズ映画祭に上映され様々な映画賞を受賞した。





 





Share This Post