Cityzen Kane:ストリートスカルプチャーアーティスト

Cityzen Kane:ストリートスカルプチャーアーティスト

Cityzen Kane:ストリートスカルプチャーアーティスト

 

Cityzen Kaneは、イギリス出身でロンドンにて活躍しているストリートアーティストである。
アートの表現方法は、主にスカルプチャーアートを使い表現する。
カラフルな3Dスカルプチャーアートで人気になり有名になった。



Cityzen Kane ロンドン
Cityzen Kane ロンドン


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cityzen Kaneは、80年代のクラブミュージックシーンに強く影響された。
当時、DJとして活躍しオールナイトクラブイベントを楽しみながら
その最中に様々なエイリアンやモンスターのようなイメージが頭に浮かんでいたようだ。

 

現在、そういった抽象的なモンスターを3Dアートにし、ロンドンのストリートに張り付けている。
Cityzen Kaneのスカルプチャーは大きくて、重さもある為に制作時間はかなり時間を要する。

 

作り方としては、ポリマークレイを使い、マスターの形を作る。
そして、シリコンの成形にギプスを注ぎ、固まってからメタリックのペンキを塗る。
ビーズやSwarovskyクリスタルも使った作品もある。

 

彼の知名度が広がると共に、街にある彼のスカルプチャーが盗まれ始めた。
それを防止するために、現在では特別で強い接着剤を使っているとの事。

 

Cityzen Kane ロンドン
Cityzen Kane ロンドン


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在まで、Cityzen Kaneの作品はロンドンに限定されていたが
本人は機会があるなら、ヨーロッパやアメリカのストリートにも作品を広めたいと言っている。

しかし、スカルプチャーの重量の問題で運搬の事などが問題になる為
現在は、まだ実行はされていないようだ。

 

彼の作品で一番よく知られている物は、ロンドンのブリック・レインにある
”Lord Jagannath”というスカルプチャーかもしれない。

Lord Jagannathとはインドの神様で、このエリアの国際的な雰囲気を表現している。
また、このスカルプチャーの制作期間は3ヶ月かかったようである。

 

Lord Jagannath
Lord Jagannath


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cityzen Kaneのスカルプチャーは、強いメッセージがない。
ただ見ている人は、それぞれのスカルプチャーの美しさを楽しむ事ができる。

云わば、ジュエリーのような美しさとアートの間のような作品。
これから、Cityzen Kaneはギャラリーショーを開くことを希望しているようだ。

 

 

 

 

 

 

 




Share This Post