チカーノアートコミュニティーの代表:Tomas Benitez(トーマス・ベニーテズ)について

チカーノアートコミュニティーの代表:Tomas Benitez(トーマス・ベニーテズ)について

チカーノアートコミュニティーの代表:Tomas Benitez(トーマス・ベニーテズ)


トーマス・ベニーテズはEast L.A.(イーストロサンゼルス)で生まれ育つ。
30年間、チカーノカルチャー関連の仕事に従事し活躍している。

他にも、様々なアート関係のコミュニティーでNPOで勤める傍ら
現在は開発ディレクターとしてPlaza de la Razaというグループで働いている。

そして、Latino Arts Networkを設立させた。
Latino Arts Networkとは、様々なラティーノのアートグループのネットワーク組織である。


彼は、Architect of Folly to the Ministry of Cultureというアート団体でも活躍している。
このグループは様々な平和の為に反対運動を行う。

 

dia de los muertos
dia de los muertos


 

 

 

 




 

このグループは、アグレシッブな大統領など著名人にメキシコのピニャータ(Pinata)という人形を送る。
他にも、メキシコとアメリカの間のボーダー壁を反対する運動も行っている。
このボーダー壁についての反対のビデオを作っている。

 

chicano artist Tomas Benitez
chicano artist Tomas Benitez


 

 

 

 

 




 



Tomas Benitezは多くの大学でチカーノアートとカルチャーについて講義を発表した経験もあり
現在は、カリフォルニア州に住み本を書いている。

 

 



 

 

 

チカーノアート紹介

 
 
 
 
 
 
 
 

 






Share This Post