コロンビアのグラフィティアーティスト・Stinkfish

コロンビアのグラフィティアーティスト・Stinkfish


コロンビアのグラフィティアーティスト・Stinkfish

南米のグラフィティシーンから現れたStinkfish。

コロンビア出身のグラフィティアーティストであるStinkfishは
ストリートの壁に描く派手でカラフルなグラフィティを描くアーティストで知られている。

国籍はコロンビア人だと思われているが、幼少時にメキシコに住んでいたとのこと。
1985年に、コロンビアの首都のボゴタ市に戻った。10代の頃、グラフィティクルーに所属しグラフィティを描き始めた。


 

Stinkfish graffitti
Stinkfish graffitti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年と2001年には、初めてステンシルを駆使しストリートで作品を仕上げた。
2003年には、ボゴタ市のストリートでJ.F.Kennedyのステンシル作品を描いた。

現在のスタイルは、ステンシルと様々なカラーリングを駆使し
スプレーペイントで人の顔をモチーフにした作品を描く事が多い。

 

Stinkfish graffitti
Stinkfish graffitti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stinkfish graffitti
Stinkfish graffitti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はよくカメラを持ってボゴタ市のストリートを歩き回り、アイディアやインスピレーションを集める。
全く知らない他人の顔を撮影し、グラフィティのモチーフに落とし込んだり
捨てられた写真を拾いツールとして利用して作品に仕上げる。

 

Stinkfish graffitti
Stinkfish graffitti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼にとっては、作品のロケーションはとても重要な要素だという。
壁の種類や、テキスチャーで選択し、一般家庭の人達が住んでいるエリアや住宅も作品の要素になる。

Stinkfishは、現在、ヨーロッパを中心にグローバルに活躍しているが
やはりコロンビアやメキシコ、グアテマラなどの南米の国々での活躍が目覚しい。

2011年の夏には、ロンドンのストリートで沢山の作品を生み出した。
そして、他の南米のアーティストと共にコラボレーション作品を制作し、ストリート展示も開催している。

 

 

 

 

 

 

 





Share This Post