南インドの伝統的なストリートアート・Kolam (コーラム)

南インドの伝統的なストリートアート・Kolam (コーラム)


南インドの伝統的なストリートアート・Kolam (コーラム)

ストリートアートというクリエイティブなジャンルは、現在のヒップホップカルチャーにだけに限った訳ではない。
歴史的バックボーンを元に、世界中の国々で表現の媒体としてストリートアートを使っている。

南インドのkolam(コーラム)というストリートアートは、この流れを説明する為に特に良い例として説明できる。
何百年間の間、南インドの女性達は毎日、家の前でこの伝統的なアートを行っている。

Kolamとは、白い米粉で描かれたジオメトリック(幾何級数的な)のデザインやパターンである。
男性はKolam描かない。

毎朝、それぞれの家庭の女性は家のドアの前で複雑なデザインを描く。
毎日、日の出の前、家の前の道を水で流して、新しいKolamを描く。



 

Kolam art
Kolam art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時的なアートなだけに、夜までに風で散らかってしまったり
踏まれたり、虫や鳥に食べられたりするが、この刹那的な事も含めて認められている。

Kolamのアーティストは高精度、対称やディテールを重要視する。
それぞれの家庭の女性は特徴あるデザインやパターンを代々教えられ伝えられる。

 

Kolam art
Kolam art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kolam art
Kolam art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祖母から母親、そして少女は母親のアートを見てや徐々に自分で描けるようになっていく。
それぞれの家では、Kolamデザインのノートを持っていて、新しいデザインも、しっかりと保存する。

 

Kolam art
Kolam art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアートは見た目の綺麗さだけではなく、宗教的な意味も含まれている。
家の前のKolamは家に歓迎されている印。

人、動物、ヒンズー女神のラクシュミ(Lakshmi)は
Kolamが描かれている家に招かれているという意味がある。

 

そして、お祭の日や結婚式などの祝いの日にも
ストリートにいる全員の女の子は一緒に大型のKolamを描く習慣もある。

 

そして、伝統的な言い伝えとして、パターンのラインは完全に渾然一体とならないと
悪鬼や天魔は家に入るという俗伝もある。

現在、世界でインド人の移民の拡大もあってか
このフォークアートは世界中でも見る事が出来るようになっている。

 

 

 

 

 

 





Share This Post