ストリートフォトグラファー・Alexandre Orion

ストリートフォトグラファー・Alexandre Orion


ストリートフォトグラファー・Alexandre Orion

ブラジルでストリートフォトグラファーとして活躍しているAlexandre Orionは
グラフィティと自身のフォトグラフィーテクニック使いユニークな作品を作るアーティスト。
Reverse Graffitiというストリートアートテクニックを使用する事でも知られている。

 

彼は1970年代の後半(1978年か1979年か、調査不明)にブラジルのサンパウロで生まれ。
14歳の頃、自身でTシャツをデザインし、サンパウロのストリートで販売していた。


 

大学でアートを専攻し1995年からは、グラフィティの世界で活躍している。
元々アートに興味があったが、2001年からフォトグラフィーテクニックを自身のスタイルで進化させている。
現在、グラフィティアーティストでありフォトグラファーとしても、リスペクトされている存在。

 

 

ブラジルのサンパウロ市は、グラフィティやストリートアートのパラダイスである。
南米のグラフィティのファンにとって、サンパウロは南米一魅力を誇る都市かもしれない。

 

 

グラフィティーも様々な種類を見る事が出来るが
Alexandre Orionの作品は他の作品と比べてもユニークなテイストである。

 

黒と白のラテックスのペンキでグラフィティかイラスト、またはメッセージを描き
カメラを持って、被写体のシャッターチャンスを待つ。

 

 

彼は、ストリートを歩いている人と描いた作品のインターアクション(相互作用)を撮影する手法でアートを表現する。
彼にとって、そのパーフェクトな瞬間を待っている間は、スピリチャアルな体験だという。

 

 

撮影したい写真を想像し、ファインダーを覗き、撮影する。
撮影後の作品はいつも思った以上の作品になる。
そう語る彼の作品は、モノクロームで、ストリート感に溢れていてローカルの人々を自然に表現する。

 

Alexandre orion street graffiti
Alexandre orion street graffiti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の作品は、南米のギャラリーに評価されて
2004年以降、ブラジルや、フランスやアメリカでソロの展示を開いている。

 

ストリート写真の以外にも、reverse graffiti(逆グラフィティ)という分野でも頭角を現していて。
サンパウロのトンネルで、壁の汚れをキャンバスにして、大型のスカルデザインを描いた。

 

 

Alexandre orion
Alexandre orion


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆Alexandre Orionの作品紹介☆

 


Brazilian Photographers, Including: Sebasti O Salgado, Marc Ferrez, Arthur Omar, Fernando Bengoechea, Vik Muniz, Br Gida Baltar, Alexandre Orion, Cels
 

 


 

 

 

 

 

 





Share This Post