ストリートアーティスト紹介・Sten & Lex:イタリアで花開くストリートアート

ストリートアーティスト紹介・Sten & Lex:イタリアで花開くストリートアート

イタリアのステンシルストリートアーティスト・Sten & Lex

 

Sten & Lexは、イタリア出身のステンシルアートを得意とし
コンビで活躍するストリートアーティストである。

彼らの作品は、主にポスターかステンシルで作ることが多いが
常に新しいステンシルテクニックを発明する事でも有名である。

Sten & Lexは2002年に大学で知り合った。
他のステンシルアーティストの友人に紹介され、それ以後は、長い間共にストリートアートを制作している。

また、ステンシルアートを作りながら、ハーフ・シェードというテクニックを発明した。
ハーフ・シェードとは、色は黒しか使わずにドットやラインのみを使い、幅、深さなどで濃淡を表現しアートを描く手法。

 

Sten & Lex street art
Sten & Lex street art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このテクニックはやスクリーンプリントアーティストによく使われているが

Sten & Lexは初めてステンシルアートでこの手法を用いた。

Sten & Lex street art
Sten & Lex street art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は、アメリカのB映画やスリラーのキャラクターを描いた時期もあったが
現在は、ローマ法王やロシア大統領のプーチンなどの著名人のイメージを中心に制作している。
また、ヨーロッパ中世のアートにもインスピレーションを受けている。

Sten & Lex street art
Sten & Lex street art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sten & Lex street art
Sten & Lex street art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sten & Lexのストリートアートのメッセージ性

 

本人らのメッセージによると、自身の作品には、社会や政治界への深いメッセージが入っている訳ではないようだ。

また過去には。「メッセージ」を含むアートを描く、ストリートアーティストを批評したこともある。
現在では、ストリートアートがブームになり沢山のアーティストは
このトレンドに乗りファッション性の強すぎる

あまり意味のない「メッセージ」を打ち出しているアーティストがいる事も確かであるが
彼らは、ソーシャルなメッセージよりも、街中に存在しているアートの中でも

より綺麗な作品を作り残したいというコンセプトが強いようである。

 

Sten & Lexは、現在世界中でギャラリー展示を開いている。そして、ストリートアートも沢山制作している。
2010年には、自身の作品を紹介した本を出版した。そこでアートのテクニックも紹介している。

 

 

☆Sten & Lexのストリートアート作品紹介☆

 

 

 
 

 
 

 




Share This Post