グラフィティアーティスト・アパレルデザイナー:Claw Money

グラフィティアーティスト・アパレルデザイナー:Claw Money


グラフィティアーティスト・アパレルデザイナー:Claw Money

グラフィティーアートの世界には、女性のアーティストの人口は少ないが
近年になって徐々にではあるが、女性グラフィティーアーティストは増えてきている。

女性グラフィティーアーティストの中でもClaw Moneyは
グラフィティー世界の中で一、二を争う有名な女性アーティストとしてあげられる。


 

Claw Moneyは、1968年ニューヨーク生まれ。
本名はClaudiaだが、本当の名はまだ不明である。
ニューヨークのFashion Institute of Technologyという大学に入学したが、1986年に卒業を前に退学した。

Claw Money
Claw Money


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年代の後半から1990年代の前半に、グラフィティーアーティストとして活躍した。
当時、彼女の特徴的なグラフィティーはニューヨーク中で見る事ができた。

 

その当時、女性のグラフィティーアーティストは今よりさらに少なく
彼女の才能は幅広くリスペクトされ有名になっていった。
また様々なグラフィティクルーに参加し活躍していた時期もある。

 

Claw Money graffiti
Claw Money graffiti


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L.Aでストリートアーティストとして活躍しているShepard Faireyというアーティストが作った
ストリートカルチャー雑誌(Swindle Magazine)で働いていた経験もあり、またファッションディレクターとしても活躍していた。

 

1995年には、L.Aに活動場所を移しビンテージアパレルビジネスの世界に参加した。
1997年には、ニューヨークにもどり、自分のアパレルブランドをデザインしたが、泣かず飛ばずの結果に終わった。

 

しかし、二年後には、新たにデザイン極める為アート活動に励み、のちに見事成功を果たした。

 

現在、アパレルブランドのClaw Moneyは、人気を集めていて
Kanye Westや、M.I.A.やSantogoldなどのアーティストは彼女のブランド洋服を好んで着用している。

 

さらにCalvin KleinやNikeなどのブランドとコラボレーションも実現させた。
2007年には、The Life and Crimes of Claw Moneyという本を出版。

 

☆Claw Moneyの作品紹介☆

 


 


 

 

 

 





Share This Post