チカーノのプリズンアート(ジェイルアート)・パニョスの歴史

チカーノのプリズンアート(ジェイルアート)・パニョスの歴史


チカーノ達が作り上げたジェイルアート(プリズンアート)・パニョスの歴史




今回の記事は、チカーノアートの歴史にもつながる
ジェイルアート(プリズンアート)のパニョスについての紹介。

パニョスとは、白いハンカチの上にボールペンで描くイラストの事。
このアートは、20世紀の前半には、チカーノのバリオや刑務所(ジェイル)で生まれた。
このイラストは、ディテールが細かくて、デザインも複雑で、その囚人のストーリーを表現している。


 

パニョスというアートは、1930年代、1940年代に始まったと一般的には思われているが
1910年代にもメキシコにある元フランス風の刑務所から始まったと考えている歴史家もいる。

20世紀の中期には、アメリカの刑務所では、白人しか紙やペン、鉛筆を持つ事が許されず
チカーノや、ラティーノ、黒人などのエスニックマイノリティーの囚人達は友人や家族に手紙を送る事ができなかった。

 

Prison art
Prison art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、当時、多くのチカーノ囚人が文字を書けずにいた事から、イラストで自分達の気持ちを表現し始めた。

パニョスのルーツは、チカーノプライドというムーブメントにも関係がある。
このムーブメントは1960年代と1970年代から広がっていた。

 

Prison art
Prison art


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)という新聞に引用された

Martha Henry(マーサ・ヘンリー)という博物館の学芸員によると
メキシコの文化は、視覚的な文化だから、歴史的に習慣や伝統やストーリーは、アートで次世代の人に語り伝えられている。

 

その流れから、パニョスというジェイルアートやテクニックも同様に
囚人から囚人、現世代から次世代に語り伝えられている。

それぞれの団体や刑務所コミュニティーには、ユニークで特徴的なスタイルやテクニックがある。
チカーノの囚人は、好きな雑誌やカレンダーの絵や、TATOOのイメージから影響を受けて自分のユニークなパニョスアートを描く。

 

アートの道具は少ないので、普通のボールペンや、鉛筆、靴墨、コーヒーでも絵に色を加える。
チカーノの囚人は、パニョスを仕上げてから務所外の家族や友達に送ったり
囚人の友達にあげたり、刑務所内にある店の商品を得るために、パニョスと交換したりする。
そういったカルチャーから、生まれた特異なアートカルチャーである。

 

 

☆チカーノカルチャー関連書籍☆


 



 

 
 
 





Share This Post