ニューヨークのグラフィティー団体:Tats Cru(タッツ・クルー)

ニューヨークのグラフィティー団体:Tats Cru(タッツ・クルー)


ニューヨークを中心に活動するグラフィティー団体:Tats Cru(タッツ・クルー)の紹介

 

Tats Cru(タッツ・クルー)とは、ニューヨークはブロンクスで結成されたグラフィティアート団体。
Tats Cruは1980年代に結成され、初期のメンバーは、Brim、MackとBioというアーティストで構成されていた。


グラフィティ業界内では、The Mural Kings(ザ・ミューラル・キングズ)という名前でも知られている。

 

 

Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティアート
Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティアート


 

 

Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティ in New York
Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティ in New York


 

 



Tats Cru(タッツ・クルー)は、元々アンダーグランドのグラフィティークルーであったが
現在では、企業の広告用のミューラルも描くようになった。

SonyやCoca Colaなどのデザインの作業もしているが
有名になった今もまだ、ストリートでのグラフィティ活動は積極的に行っている。
ニューヨークの特徴的なミューラル(特に追悼系のミューラルなど)は、今だに彼らのアート作業で描かれている。

Bio(本名:Wilfredo Feliciano)というメンバーのグラフィティーのテクニックは、特にリスペクトを受けていて
これまでに、様々なメジャーアーティストとコラボレーションしている。M.I.T.という大学でも講師としての経験もある。
Tats Cruはストリートアートやグラフィティー関係のドキュメンタリーや映画に出演している。

 

 

Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティ in NewYork
Tats Cru (タッツ・クルー) グラフィティ in NewYork


 

 

☆Tats Cru(タッツ・クルー)作品と関連商品の紹介☆

 
 

 
 
 
 
 
 
 

 





Share This Post